クラクラ考察手記

エルソラのクラクラ考察手記


こんばんは、エルソラです。


 TH9になってはや2週間。序盤はクラン戦もある程度我慢し、ファーミングに勤しんでおりました。

そのためクラン戦レビューもお休み中です。


しかし!今回エルソラサブ垢のえるそらが、なってぃんがむに加入成功しました!どんどんぱふぱふ

こちらのクランではちょうど8月からTH別イベントがスタート。本垢のファーミングもほどほどにサブ垢を育て、頑張って要件を間に合わせました。若干の情けを頂いたのは内緒。 

がんばって昇格狙いたいと思います(・ω<)


こちらのアカウントでの攻めもレビュー書いていこうと思っております。少しユニットレベルが低いですが、ご了承くださいませ


*こちらサブ垢4日間のファーミングの軌跡

IMG_3334v1

1から紫壁カンストはわりときつかったです。精神的に。なんで私これまた塗ってるんだと。
だいたい500攻撃で紫カンストまでは持っていけることがわかりました。


本垢の方も、キャンプ、城など基本的なものは揃ったので、あとはユニットレベルです。ホグが5になってからはこちらもレビューしていきたいですね(;・∀・)


TH9は未経験な分、考察も粗いと思いますがアドバイスなどいただけたら嬉しいです。m(_ _)m




それはそうと、夏はイベントが目白押しですね。特に、8/9~の第2回ゴレホグ合宿は要チェックです。(宣伝)

イベントたくさん参加し交流を広げることでクラクラのモチベさらに高めてしまいしょう!(*^^)v


そして私はクラクラ(壁塗り)ばっかりやってないでブログの更新の頻度上げようと思います。




よろしくお願いします。



 


こんばんは、エルソラです。

久しぶりです。旅行やら壁塗りやら()で忙しくあまり時間が取れませんでした。



 今回は何を今更、と思われるかも知れませんが、TH8でのホグラッシュの攻略です。
私なりに詳細にまとめてみよう、ということで書きました。

といってもすでに多くの方が素晴らしいホグラッシュについての攻略記事を書いたりしているのでそちらをメインに、参考までに読んでみてください。



◎概要 

ホグラッシュはその名の通りホグライダーを主軸とした戦略です。

 hello-world


優先目標が防衛施設であるホグライダーを多数利用し防衛施設を全て破壊、残ったホグと手持ちの兵力で残施設の破壊で星3を狙う戦略になります。


ホグラッシュの流れはとても簡単です。

1.援軍釣りだし
2.援軍処理
3.ホグ投入
4.掃除ユニット投入


この順序は変わりません。ただし、この間にジャイを出して防衛施設のタゲを取る、ホグ投入を数回に分けて行うなど細かい作業が入ることになります。


1.編成
2.罠
3.援軍処理
4.ベースの分類
5.ホグの投入
6.コツ


以上の項目に分けてそれぞれ見ていこうと思います。


1.編成

 
 最初に基本的なホグラッシュの編成についてです。


◎ホグライダー   24~34   

このユニットの役割は防衛施設の破壊、そしてその後の残施設掃除です。

数については、ホグライダーが多ければ多いほど防衛施設破壊が簡単にできます。
一緒に連れて行くユニットとお相談になりますね。


◎ウィザード   3~8

役割は援軍処理とホグが防衛施設を破壊した後に残る施設の掃除です。

相手のババキンが外側にいたりする場合、こちらのババキンとともに当てて処理に使うこともあります。

基本的に3体いれば援軍の処理には安定して足りるので、もう少し余分に連れて行き保険を掛けた上で掃除役としてとっておくことがおすすめです。


◎バーバリアン 3~10


役割は援軍処理時に敵援軍をまとめることと、処理の時の壁役です。
敵のババキンが外にいるときはバーバリアンを当てて後ろからWizで殺す場合もあります。
(自分のババキン当てた方が楽ですが、他で使いたい時など)
巨大爆弾のチェックや解除にも。


◎アーチャー 3~10

役割はほとんどバーバリアンと同じですが、アプデ後多いドラゴンなどの空中ユニットにタゲ取ることができるので、wizの盾としてババより優秀です。


◎ジャイアント 0~3

ホグのお供ジャイアントです。
役割は援軍釣りだし、ホグ出す前のタゲ取り、巨大爆弾チェックなど万能です。


◎バルーン 0~

役割は援軍釣りだし(対地ユニットが釣れないため、初見ではバルーンだけに任せるのは危険)、
対空防衛薄い防衛施設のカット
配置によって入れると安定する場合があります。


◎援軍

25枠に何をもらえるか。

基本的にネクロセット(ネクロ2、ババ1)、ホグ5のどちらかですが、ホグ5で大丈夫だと思います。だれもがネクロもらえる環境にいるわけでもないので。

ネクロを貰う場合は、援軍処理ユニットを減らし自前のホグを増やすことでホグの数を調整します。






基本的に上記のユニットを配置に応じて少しずつ数を調整したりして編成を組みます。

私が調整の基本として使っていた編成がこちらです。


ホグ30、ジャイ2、アチャ8、ババ8、ウィズ6



TH8後半は調整もほとんどせず、この編成ばかりを使ってました。
万能な編成だと思います。

*アチャババ減らしウィズもしくはホグ増やす方が良いかもしれません。


2.罠


ホグラッシュをするときに、罠は天敵になります。確定できない情報であり事前に完璧な対策が難しいですが、しっかり罠込みで予測し構想する必要があります。


◎巨大爆弾


第一に巨大爆弾です。ホグライダーを一瞬にして葬り去る最大の脅威、と言ってもよいでしょう。
特に2連巨大爆弾はヒールを先がけしていたとしても同時に踏んだ場合ホグが昇天します。

ベースの内側に2×2のスペースが6つ(テスラ3、巨大爆弾3)ない場合、外側にテスラや巨大爆弾がないか疑う必要があります。

そうでないベースも初見殺しのために防衛施設のちょうど外側に巨大爆弾を配置してある場合があります。

IMG_0159v1


こういった場合、ヒールをすぐに打たねばならず、もったいないうえプランが崩れます。巨大爆弾の位置が確定できない時は
(ホグ大量出しの場合)必ずホグの投入地点にジャイやホグ1を先行させ罠のチェックをしたほうが良いです。私は結構忘れます(;・∀・)


◎隠しテスラ

事前に考えぬいたホグのルートを乱す装置です。
また、テスラが現れた時にホグのタゲ取りのための硬直も大変困ります。
こちらは敵の村作成者との読み合いになりますが、祈りましょう。

村の端っこにおいてある配置もたまにあるので、ババ4等援軍処理で余ったユニットを村の端っこ4箇所に落としてみる、というのも手ですね。その場合あった時のプランを用意しておくとあせらずに済みそうです。


◎バネトラップ

気づいたらホグ少な..あっ..
の犯人ですね。一つにつきホグ3投げます。6つあるので最大18のホグが投げられます。序盤に大量のホグを削られると火力不足に陥るため、とても気をつけなければならないです。
大体のバネトラップはいやらしいことに防衛施設の間にあります。

細かい出し方は後ほど書きますが、

横向きの置き方をしているバネの場合、

IMG_0160v1


こういう出し方をすることで回避することができます。

厄介なのは縦型です。


IMG_0161


こういう形の場合、他の方向からホグを出し始め、ホグが大砲に辿り着いた時にATに向けてホグ追加という形で回避することは可能ですが、タイミングが難しいうえ初見村の場合、気をつけなければならない箇所が多すぎます。

そこに考えを割くよりも他に集中した方がいいですね。バネトラップ幾つかを序盤に踏むことさえ回避すればそこまで致命的でもないですし。


3.援軍処理


防衛施設が残っているうちは施設のみを狙う健気なホグは敵援軍に一切手出しをしません。
そのため事前に必ず処理してあげる必要があります。
ここを失敗した場合星0も夢ではありません。しっかり行いましょう。


とは言っても援軍処理自体の詳細はたくさん良い攻略が出ているので省かさせていただきます。

最近はポイズンという便利な闇の呪文が出ましたが、余裕があればスケレトントラップに使用することをおすすめします。援軍には高確率でポイズンで溶けないユニットが入ることが予想されるので。


援軍釣りだしについてですが、私は相手ベースに合わせて2通りの方法を使い分けています。

1つめは釣りだしが簡単なベースですね、端にクランの城がよっていたりしてジャイアントなどを簡単に城の釣だし範囲に入れることができる配置です。これはジャイアント1~2で釣りだして普通に処理します。

2つめは釣りだしが非常にやりづらい、釣だし対策ベースです。ジャイアントでは城の範囲に入らず、ホグやバルーンでも城の範囲の要所要所に防衛施設があり釣り出しにくい配置。


この場合、私はカットと釣だしを同時に行います。釣りだし対策ベースは防衛施設の数の都合によりどれかの防衛施設がかならず浮きます。ここをジャイ+ホグ3~4でカットしつつ
援軍を釣り出すことができます。

次の動画の最初の部分を参照。




この方法はホグを少数消費しますが、その代わりホグのルートを作ることができるため非常に有効です。
離れている防衛施設をカットすることはホグの走る時間を削ることにつながるので、お勧めです。
もちろん先に援軍処理ができそうならそのほうが良いです。



援軍釣りだしでよくあるミスが援軍の釣り残しです。これは相手援軍の数を確認すれば起こることはないのですがなかなか大変です。心配な時はホグを追加で出しても良いのでしっかり釣りだした方がむしろ成功します。


また、援軍処理ユニットに関してですが、

援軍処理にポイズンを使わずにババWizなどで行ったとします。そのユニットをそのまま放置し見殺しにする人がたまにいます。これは時間切れにもつながる、非常にもったいない行為です。
いくらホグラッシュでも、Wizは大事なユニットです。援軍処理用ユニット、ではなくWiz部隊だと認識ししっかり生き残らせることができれば時間切れをかなり回避出来ると思います。

先ほどの釣りだしと同時にサイドカットのやり方の応用でWizの近くの防衛施設を予め破壊したり、処理の後Wizの前にババキンを投入する、などの方法でもWizをある程度生き残らせることができます。

援軍処理難しい!いつも失敗する!という人は援軍でドラゴンをもらって援軍処理に使う、といったやり方も一応ありますが、普通のババアチャを修得するほうが後々楽だと思われます。


4.ベースの分類


対策ベースにはこちらも工夫しホグの出し方や順番などを調整していく必要があります。

そのためにまず、ベースを分類します。

ホグラッシュ視点で見た場合、TH8のベースは2種類に分類することができます。

防衛施設が細かく詰まっているベースと、広く配置しているベースです。


◎防衛施設が詰まっているベース

こういうタイプのベースは防衛施設同士が互いの範囲をカバーしあうことができ、ホグライダーが集中砲火を受け溶けやすいです。

しかし、ホグの大量投入により短時間での殲滅が可能であり、またヒールの範囲の中に多くのホグを長時間滞在させることで戦力の低下を防ぐことができます。

こういったベースはいわゆる2,3点出しなど多点出しと呼ばれる従来のホグラッシュのやり方で簡単に全壊が取れ、ホグラッシュの絶好の的になります。


◎広く配置しているベース

このタイプのベースは防衛施設感に穴があいている箇所が多く、罠の位置の予測が難しいです。
無視して攻めたり、ホグの大量投入を行えば簡単に全滅する危険性もあり、ホグ対策村と呼ばれていた村は大抵この種類です。
いわゆる井型配置などもこのタイプに属します。

しかし、こういったベースに対するカウンターとしてサージカルホグラッシュ、という投入方法があります。



◎サージカルホグラッシュ

これは従来の多点に大量投入を行うやり方とは異なり、それぞれの防衛施設にピンポイントでホグを小出しに最短距離に投入する、という出し方のことです。
しかし、万能な出し方というわけでもないです。


これまで大量投入が主に行われていたのはメリットがとても大きかったためです。
この出し方のメリットとしては、ホグが少し削られてしまっても火力が落ちづらい、ホグが少し分散しても防衛施設を削り切ることが可能、ヒールを効果的にかけることができるなどといった事が挙げられます。

少し話しがそれますが、基本的にクラッシュオブクランを始めとしたストラテジーゲームにはランチェスターの法則が働きます。

この法則は簡単にいえば戦闘力の差は単純な数の差で決まるのではなく、数の2乗の差である、というものです。

もっと簡単にクラクラで例えると、大砲をバーバリアンで壊したいときに同じバーバリアン10でも一気に10体投入するのと1体ずつばらばらに投入するのでは全然違いますよね。そういうことです。


話をもどすと、基本的にホグは多数で固まっている方が強いし早く壊すことができる、ということです。


ではなぜサージカルホグが使われるのか。

これまでの大量だしにはホグの数がかなり多めで、オーバーキルが発生していました。その過剰分を他に回すことができるからなのと、
大量出しの対策として巨大爆弾を場所をわかりづらくして設置する村が増えたからです。
これは先ほど述べた広く防衛施設を配置し間に穴を開けている配置ですね。

こういう村のデメリットとして、防衛施設が広く配置されてしまうことが挙げられます。
つまりは、防衛施設がお互いをカバーしづらくなってしまいます。外側などのピンポイントでのDPSが下がってしまう、ということです。

そのためそういった地点に対してはある程度ホグライダーをバラバラに投入してもホグが防衛施設を破壊するまで保ってくれる可能性が高いです。

さらに、少数のホグを守るためジャイアントを先に出して防衛施設のターゲットを取ることで少数のホグのHPをより有効に使うこともできます。

少数のホグであるため、範囲攻撃のWTや巨大爆弾などもこれまでのような大きな脅威ではなくなります。(それでも気をつける必要はあります)

サージカルホグラッシュの出し方ではむしろ高HPでホグが拘束されてしまったり、単一ユニット狙いで着実に数を削る大砲などのほうが気をつけるべき施設だと思います。


◎分類まとめ


長々と書きましたが、
要するに防衛施設が詰まっている配置には従来の多点大量出しで十分であり安定する。
気をつけるべき防衛施設は範囲攻撃系。

広く配置してある配置にはサージカルが有効。
気をつけるべき防衛施設は高HP施設や単体高ダメージ施設。

ということになります。


◎区画


ベースの分類を行いましたが、実は1つのベースの中でも同じように区画に分けて分類することができます。
サージカルと大量出しを同時に行った方が効率のいいベースが実は多いのです。

次の動画は私のクラン戦での攻めですが、この区画分けの考察でホグを投入しました。
区画分けの仕方としては、中央部分と手前側をサージカル風()に、周りの施設には2点大量投入、という形を取りました。




つまりは、複雑そうなベースであっても区画で切り取って考えることで意外にも簡単に解法が見つかったりするということです。




以上、分類についてです。
第2回ではホグの実際の投入についてと、細かいコツについて書いていこうと思います。


よろしくお願いします。




こんばんは、エルソラです。


少し実家に帰省していて久しぶりの更新になりました。
 

今日は、本ブログの方向性についての記事です。
記事にしてみると自分の中でまとまるのでどちらかと言うと自分用です。m(_ _)m


さて、そのまえについにTH9になりまして。

少しの間クラン戦をおやすみしてファーミングに勤しみ、序盤を乗り切ろうと思います。


とりあえずエリクサー設備を立てている間にレゴ壁を塗り、それから新規防衛施設を立てていこうというプランです。

上げたては辛い、とよく聞いていましたが、いざ自分がなってみると想定よりつらいものですね..(T_T)

ファーミングについては、多くの方(ありがとうございました)の助言によりやっていくことができそうです。あまりの辛さにエメポチしてしまう勢いでした。
しました。


まあ、ポチってしまったものは仕方がないのでヒーローの時短と、ブースト代で使用することにします。(´・ω・`)


TH9最序盤での稼ぎについての考察記事もそのうち書きます。




そんなことはさておき、ブログについてですが、当初自分で、毎日更新!のルールを作っていました。

でも、ブログ開始してすぐにそのルールを守ろうとするあまり考察がおざなりな、適当エントリーで満足してしまう自分を発見してしまいました。

これではブログの質が落ちるうえ、もともとのブログの設立意義にも反していると考えたため、更新の頻度は一応不定期、ということにしようと思います。しっかりとした考察の記事を書きたいです。

とはいえ、できるだけ更新は多めにやっていく所存です。


また、クラン戦レビューについてですが、クラン戦を少しの間行わないことにしたため、一時中断し、
サブ垢(TH8)がどこかのクランに入隊するか、本垢で再びクラン戦に参加したらまたやっていきます。




自分なりのクラクラ全般の考察記事、これからも書いていきますのでよろしくお願いします。



 

 

このページのトップヘ